万葉集3063番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3063番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3063番について

歌番号

3063番

原文

淺茅原|小野尓標結|空言毛|将相跡令聞|戀之名種尓

訓読

浅茅原小野に標結ふ空言も逢はむと聞こせ恋のなぐさに

かな読み

あさぢはら|をのにしめゆふ|むなことも|あはむときこせ|こひのなぐさに

カタカナ読み

アサヂハラ|ヲノニシメユフ|ムナコトモ|アハムトキコセ|コヒノナグサニ

ローマ字読み|大文字

ASAJIHARA|ONONISHIMEYUFU|MUNAKOTOMO|AHAMUTOKIKOSE|KOHINONAGUSANI

ローマ字読み|小文字

asajihara|ononishimeyufu|munakotomo|ahamutokikose|kohinonagusani

左注|左註

或本歌曰|将来知志|君矣志将待|又見柿本朝臣人麻呂歌集|然落<句小>異耳

事項|分類・ジャンル

恋情|異伝|柿本人麻呂歌集

校異

勺少->句小【元】【類】

寛永版本

あさぢはら,[寛]あさちふの,
をのにしめゆふ[寛],
むなことも,[寛]そらことも,
あはむときこせ,[寛]あはむときかせ,
こひのなぐさに,[寛]こひのなくさに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました