万葉集3199番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3199番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3199番について

歌番号

3199番

原文

海之底|奥者恐|礒廻従|<水>手運徃為|月者雖經過

訓読

海の底沖は畏し礒廻より漕ぎ廻みいませ月は経ぬとも

かな読み

わたのそこ|おきはかしこし|いそみより|こぎたみいませ|つきはへぬとも

カタカナ読み

ワタノソコ|オキハカシコシ|イソミヨリ|コギタミイマセ|ツキハヘヌトモ

ローマ字読み|大文字

WATANOSOKO|OKIHAKASHIKOSHI|ISOMIYORI|KOGITAMIIMASE|TSUKIHAHENUTOMO

ローマ字読み|小文字

watanosoko|okihakashikoshi|isomiyori|kogitamiimase|tsukihahenutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|女歌|不安

校異

水水->水【元】【類】【紀】

寛永版本

わたのそこ[寛],
おきはかしこし,[寛]おきはおそろし,
いそみより,[寛]いそわより,
こぎたみいませ,[寛]こきたみいませ,
つきはへぬとも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました