万葉集3167番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3167番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3167番について

歌番号

3167番

原文

浪間従|雲位尓所見|粟嶋之|不相物故|吾尓所依兒等

訓読

波の間ゆ雲居に見ゆる粟島の逢はぬものゆゑ我に寄そる子ら

かな読み

なみのまゆ|くもゐにみゆる|あはしまの|あはぬものゆゑ|わによそるこら

カタカナ読み

ナミノマユ|クモヰニミユル|アハシマノ|アハヌモノユヱ|ワニヨソルコラ

ローマ字読み|大文字

NAMINOMAYU|KUMOINIMIYURU|AHASHIMANO|AHANUMONOYUE|WANIYOSORUKORA

ローマ字読み|小文字

naminomayu|kumoinimiyuru|ahashimano|ahanumonoyue|waniyosorukora

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|地名|序詞|尫柜蹋|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

なみのまゆ,[寛]なみまより,
くもゐにみゆる[寛],
あはしまの[寛],
あはぬものゆゑ,[寛]あはぬものゆへ,
わによそるこら,[寛]われによるこら,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました