万葉集3211番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3211番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3211番について

歌番号

3211番

原文

玉緒乃|<徙>心哉|八十梶懸|水手出牟船尓|後而将居

訓読

玉の緒の現し心や八十楫懸け漕ぎ出む船に後れて居らむ

かな読み

たまのをの|うつしこころや|やそかかけ|こぎでむふねに|おくれてをらむ

カタカナ読み

タマノヲノ|ウツシココロヤ|ヤソカカケ|コギデムフネニ|オクレテヲラム

ローマ字読み|大文字

TAMANONO|UTSUSHIKOKOROYA|YASOKAKAKE|KOGIDEMUFUNENI|OKURETEORAMU

ローマ字読み|小文字

tamanono|utsushikokoroya|yasokakake|kogidemufuneni|okureteoramu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|出発|羈旅|女歌|恋情

校異

->歌【元】【紀】|徒->徙【矢】

寛永版本

たまのをの[寛],
うつしこころや[寛],
やそかかけ[寛],
こぎでむふねに,[寛]こきいてむふねに,
おくれてをらむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました