万葉集3156番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3156番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3156番について

歌番号

3156番

原文

鈴鹿河|八十瀬渡而|誰故加|夜越尓将越|妻毛不在君

訓読

鈴鹿川八十瀬渡りて誰がゆゑか夜越えに越えむ妻もあらなくに

かな読み

すずかがは|やそせわたりて|たがゆゑか|よごえにこえむ|つまもあらなくに

カタカナ読み

スズカガハ|ヤソセワタリテ|タガユヱカ|ヨゴエニコエム|ツマモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

SUZUKAGAHA|YASOSEWATARITE|TAGAYUEKA|YOGOENIKOEMU|TSUMAMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

suzukagaha|yasosewatarite|tagayueka|yogoenikoemu|tsumamoaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|三重県|羈旅|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

すずかがは,[寛]すすかかは,
やそせわたりて[寛],
たがゆゑか,[寛]たれゆへか,
よごえにこえむ,[寛]よこゑにこえむ,
つまもあらなくに[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました