万葉集3042番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3042番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3042番について

歌番号

3042番

原文

朝日指|春日能小野尓|置露乃|可消吾身|惜雲無

訓読

朝日さす春日の小野に置く露の消ぬべき我が身惜しけくもなし

かな読み

あさひさす|かすがのをのに|おくつゆの|けぬべきあがみ|をしけくもなし

カタカナ読み

アサヒサス|カスガノヲノニ|オクツユノ|ケヌベキアガミ|ヲシケクモナシ

ローマ字読み|大文字

ASAHISASU|KASUGANONONI|OKUTSUYUNO|KENUBEKIAGAMI|OSHIKEKUMONASHI

ローマ字読み|小文字

asahisasu|kasuganononi|okutsuyuno|kenubekiagami|oshikekumonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|序詞|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさひさす[寛],
かすがのをのに,[寛]かすかのをのに,
おくつゆの[寛],
けぬべきあがみ,[寛]けぬへきわかみ,
をしけくもなし[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました