万葉集3029番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3029番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3029番について

歌番号

3029番

原文

貞能汭尓|依流白浪|無間|思乎如何|妹尓難相

訓読

佐太の浦に寄する白波間なく思ふを何か妹に逢ひかたき

かな読み

さだのうらに|よするしらなみ|あひだなく|おもふをなにか|いもにあひかたき

カタカナ読み

サダノウラニ|ヨスルシラナミ|アヒダナク|オモフヲナニカ|イモニアヒカタキ

ローマ字読み|大文字

SADANORANI|YOSURUSHIRANAMI|AHIDANAKU|OMOFUONANIKA|IMONIAHIKATAKI

ローマ字読み|小文字

sadanorani|yosurushiranami|ahidanaku|omofuonanika|imoniahikataki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|序詞|恋情

校異

汭【元】【細】納

寛永版本

さだのうらに,[寛]さたのうらに,
よするしらなみ[寛],
あひだなく,[寛]あひたなく,
おもふをなにか,[寛]おもふをなにそ,
いもにあひかたき[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました