万葉集2885番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2885番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2885番について

歌番号

2885番

原文

左夜深而|妹乎念出|布妙之|枕毛衣世二|<嘆>鶴鴨

訓読

さ夜更けて妹を思ひ出で敷栲の枕もそよに嘆きつるかも

かな読み

さよふけて|いもをおもひいで|しきたへの|まくらもそよに|なげきつるかも

カタカナ読み

サヨフケテ|イモヲオモヒイデ|シキタヘノ|マクラモソヨニ|ナゲキツルカモ

ローマ字読み|大文字

SAYOFUKETE|IMOOMOHIIDE|SHIKITAHENO|MAKURAMOSOYONI|NAGEKITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

sayofukete|imoomohiide|shikitaheno|makuramosoyoni|nagekitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

歎->嘆【元】【紀】【細】【温】

寛永版本

さよふけて[寛],
いもをおもひいで,[寛]いもをおもひてて,
しきたへの[寛],
まくらもそよに[寛],
なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました