万葉集2880番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2880番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2880番について

歌番号

2880番

原文

得管二毛|今毛見<壮>鹿|夢耳|手本纒宿登|見者辛苦毛|[或本歌發<句>曰|吾妹兒乎]

訓読

うつつにも今も見てしか夢のみに手本まき寝と見るは苦しも|[或本歌發<句>曰|我妹子を]

かな読み

うつつにも|いまもみてしか|いめのみに|たもとまきぬと|みるはくるしも|[わぎもこを]

カタカナ読み

ウツツニモ|イマモミテシカ|イメノミニ|タモトマキヌト|ミルハクルシモ|[ワギモコヲ]

ローマ字読み|大文字

UTSUTSUNIMO|IMAMOMITESHIKA|IMENOMINI|TAMOTOMAKINUTO|MIRUHAKURUSHIMO|[WAGIMOKO]

ローマ字読み|小文字

utsutsunimo|imamomiteshika|imenomini|tamotomakinuto|miruhakurushimo|[wagimoko]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|恋情

校異

社->壮【元】【細】【紀】|勺->句【元】【紀】【細】

寛永版本

うつつにも[寛],
いまもみてしか[寛],
いめのみに,[寛]ゆめにのみ,
たもとまきぬと[寛],
みるはくるしも,[寛]みれはくるしも,
[わぎもこを],[寛]わきもこを,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました