万葉集3165番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3165番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3165番について

歌番号

3165番

原文

霍公鳥|飛幡之浦尓|敷浪乃|屡君乎|将見因毛鴨

訓読

霍公鳥飛幡の浦にしく波のしくしく君を見むよしもがも

かな読み

ほととぎす|とばたのうらに|しくなみの|しくしくきみを|みむよしもがも

カタカナ読み

ホトトギス|トバタノウラニ|シクナミノ|シクシクキミヲ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|TOBATANORANI|SHIKUNAMINO|SHIKUSHIKUKIMIO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|tobatanorani|shikunamino|shikushikukimio|mimuyoshimogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|枕詞|地名|福岡県|北九州市|戸畑|序詞|恋情|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
とばたのうらに,[寛]とはたのうらに,
しくなみの,[寛]しきなみの,
しくしくきみを,[寛]しはしはきみを,
みむよしもがも,[寛]みむよしもかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました