万葉集3219番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3219番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3219番について

歌番号

3219番

原文

豊國乃|聞之長濱|去晩|日之昏去者|妹食序念

訓読

豊国の企救の長浜行き暮らし日の暮れゆけば妹をしぞ思ふ

かな読み

とよくにの|きくのながはま|ゆきくらし|ひのくれゆけば|いもをしぞおもふ

カタカナ読み

トヨクニノ|キクノナガハマ|ユキクラシ|ヒノクレユケバ|イモヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

TOYOKUNINO|KIKUNONAGAHAMA|YUKIKURASHI|HINOKUREYUKEBA|IMOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

toyokunino|kikunonagahama|yukikurashi|hinokureyukeba|imoshizomofu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

地名|福岡|北九州市|恋情|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

とよくにの[寛],
きくのながはま,[寛]きくのなかはま,
ゆきくらし[寛],
ひのくれゆけば,[寛]ひのくれゆけは,
いもをしぞおもふ,[寛]いもをしそおもふ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました