万葉集3034番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3034番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3034番について

歌番号

3034番

原文

吾妹兒尓|戀為便名鴈|る乎熱|旦戸開者|所見霧可聞

訓読

我妹子に恋ひすべながり胸を熱み朝戸開くれば見ゆる霧かも

かな読み

わぎもこに|こひすべながり|むねをあつみ|あさとあくれば|みゆるきりかも

カタカナ読み

ワギモコニ|コヒスベナガリ|ムネヲアツミ|アサトアクレバ|ミユルキリカモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|KOHISUBENAGARI|MUNEOATSUMI|ASATOAKUREBA|MIYURUKIRIKAMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|kohisubenagari|muneoatsumi|asatoakureba|miyurukirikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
こひすべながり,[寛]こひすへなかり,
むねをあつみ,[寛]むねをやき,
あさとあくれば,[寛]あさとあくれは,
みゆるきりかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました