万葉集3019番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3019番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3019番について

歌番号

3019番

原文

浣衣|取替河之|<河>余杼能|不通牟心|思兼都母

訓読

洗ひ衣取替川の川淀の淀まむ心思ひかねつも

かな読み

あらひきぬ|とりかひがはの|かはよどの|よどまむこころ|おもひかねつも

カタカナ読み

アラヒキヌ|トリカヒガハノ|カハヨドノ|ヨドマムココロ|オモヒカネツモ

ローマ字読み|大文字

ARAHIKINU|TORIKAHIGAHANO|KAHAYODONO|YODOMAMUKOKORO|OMOHIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

arahikinu|torikahigahano|kahayodono|yodomamukokoro|omohikanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|摂津|大阪|奈良|序詞|恋愛

校異

川->河【元】【古】【紀】

寛永版本

あらひきぬ[寛],
とりかひがはの,[寛]とりかへかはの,
かはよどの,[寛]かはよとの,
よどまむこころ,[寛]たえさらむこころ,
おもひかねつも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました