万葉集3078番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3078番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3078番について

歌番号

3078番

原文

浪之共|靡玉藻乃|片念尓|吾念人之|言乃繁家口

訓読

波の共靡く玉藻の片思に我が思ふ人の言の繁けく

かな読み

なみのむた|なびくたまもの|かたもひに|わがおもふひとの|ことのしげけく

カタカナ読み

ナミノムタ|ナビクタマモノ|カタモヒニ|ワガオモフヒトノ|コトノシゲケク

ローマ字読み|大文字

NAMINOMUTA|NABIKUTAMAMONO|KATAMOHINI|WAGAOMOFUHITONO|KOTONOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

naminomuta|nabikutamamono|katamohini|wagaomofuhitono|kotonoshigekeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

なみのむた[寛],
なびくたまもの,[寛]なひくたまもの,
かたもひに,[寛]かたおもひに,
わがおもふひとの,[寛]わかおもふひとの,
ことのしげけく,[寛]ことのしけけく,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました