万葉集3212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3212番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3212番について

歌番号

3212番

原文

八十梶懸|嶋隠去者|吾妹兒之|留登将振|袖不所見可聞

訓読

八十楫懸け島隠りなば我妹子が留まれと振らむ袖見えじかも

かな読み

やそかかけ|しまがくりなば|わぎもこが|とまれとふらむ|そでみえじかも

カタカナ読み

ヤソカカケ|シマガクリナバ|ワギモコガ|トマレトフラム|ソデミエジカモ

ローマ字読み|大文字

YASOKAKAKE|SHIMAGAKURINABA|WAGIMOKOGA|TOMARETOFURAMU|SODEMIEJIKAMO

ローマ字読み|小文字

yasokakake|shimagakurinaba|wagimokoga|tomaretofuramu|sodemiejikamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

羈旅|船出|袖振り|羈旅|出発|恋情

校異

特に無し

寛永版本

やそかかけ,[寛]やそかかく,
しまがくりなば,[寛]しまかくれなは,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
とまれとふらむ[寛],
そでみえじかも,[寛]そてみえしかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました