万葉集3076番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3076番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3076番について

歌番号

3076番

原文

住吉之|敷津之浦乃|名告藻之|名者告而之乎|不相毛恠

訓読

住吉の敷津の浦のなのりその名は告りてしを逢はなくも怪し

かな読み

すみのえの|しきつのうらの|なのりその|なはのりてしを|あはなくもあやし

カタカナ読み

スミノエノ|シキツノウラノ|ナノリソノ|ナハノリテシヲ|アハナクモアヤシ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|SHIKITSUNORANO|NANORISONO|NAHANORITESHIO|AHANAKUMOAYASHI

ローマ字読み|小文字

suminoeno|shikitsunorano|nanorisono|nahanoriteshio|ahanakumoayashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪|植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
しきつのうらの[寛],
なのりその,[寛]なのりそか,
なはのりてしを[寛],
あはなくもあやし,[寛]あはぬもあやし,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました