万葉集3038番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3038番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3038番について

歌番号

3038番

原文

如此将戀|物等知者|夕置而|旦者消流|露有申尾

訓読

かく恋ひむものと知りせば夕置きて朝は消ぬる露ならましを

かな読み

かくこひむ|ものとしりせば|ゆふへおきて|あしたはけぬる|つゆならましを

カタカナ読み

カクコヒム|モノトシリセバ|ユフヘオキテ|アシタハケヌル|ツユナラマシヲ

ローマ字読み|大文字

KAKUKOHIMU|MONOTOSHIRISEBA|YUFUHEOKITE|ASHITAHAKENURU|TSUYUNARAMASHIO

ローマ字読み|小文字

kakukohimu|monotoshiriseba|yufuheokite|ashitahakenuru|tsuyunaramashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

かくこひむ[寛],
ものとしりせば,[寛]ものとしりせは,
ゆふへおきて[寛],
あしたはけぬる,[寛]あしたはきゆる,
つゆならましを[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました