万葉集3064番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3064番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3064番について

歌番号

3064番

原文

<人皆>之|笠尓縫云|有間菅|在而後尓毛|相等曽念

訓読

人皆の笠に縫ふといふ有間菅ありて後にも逢はむとぞ思ふ

かな読み

ひとみなの|かさにぬふといふ|ありますげ|ありてのちにも|あはむとぞおもふ

カタカナ読み

ヒトミナノ|カサニヌフトイフ|アリマスゲ|アリテノチニモ|アハムトゾオモフ

ローマ字読み|大文字

HITOMINANO|KASANINUFUTOIFU|ARIMASUGE|ARITENOCHINIMO|AHAMUTOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

hitominano|kasaninufutoifu|arimasuge|aritenochinimo|ahamutozomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|恋情

校異

皆人->人皆【元】【紀】【温】【矢】

寛永版本

ひとみなの[寛],
かさにぬふといふ,[寛]かさにぬふてふ,
ありますげ,[寛]ありますけ,
ありてのちにも[寛],
あはむとぞおもふ,[寛]あはむとそおもふ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました