万葉集3065番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3065番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3065番について

歌番号

3065番

原文

三吉野之|蜻乃小野尓|苅草之|念乱而|宿夜四曽多

訓読

み吉野の秋津の小野に刈る草の思ひ乱れて寝る夜しぞ多き

かな読み

みよしのの|あきづのをのに|かるかやの|おもひみだれて|ぬるよしぞおほき

カタカナ読み

ミヨシノノ|アキヅノヲノニ|カルカヤノ|オモヒミダレテ|ヌルヨシゾオホキ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|AKIZUNONONI|KARUKAYANO|OMOHIMIDARETE|NURUYOSHIZOHOKI

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|akizunononi|karukayano|omohimidarete|nuruyoshizohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|吉野|奈良|植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
あきづのをのに,[寛]あきつのをのに,
かるかやの[寛],
おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,
ぬるよしぞおほき,[寛]ぬるよしそおほき,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました