万葉集3052番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3052番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3052番について

歌番号

3052番

原文

垣津旗|開澤生|菅根之|絶跡也君之|不所見頃者

訓読

かきつはた佐紀沢に生ふる菅の根の絶ゆとや君が見えぬこのころ

かな読み

かきつはた|さきさはにおふる|すがのねの|たゆとやきみが|みえぬこのころ

カタカナ読み

カキツハタ|サキサハニオフル|スガノネノ|タユトヤキミガ|ミエヌコノコロ

ローマ字読み|大文字

KAKITSUHATA|SAKISAHANIOFURU|SUGANONENO|TAYUTOYAKIMIGA|MIENUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

kakitsuhata|sakisahaniofuru|suganoneno|tayutoyakimiga|mienukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|枕詞|奈良|恋情|不安

校異

特に無し

寛永版本

かきつはた[寛],
さきさはにおふる,[寛]さくさはにおふる,
すがのねの,[寛]すかのねの,
たゆとやきみが,[寛]たゆとやきみか,
みえぬこのころ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました