万葉集2796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2796番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2796番について

歌番号

2796番

原文

水泳|玉尓接有|礒貝之|獨戀耳|<年>者經管

訓読

水くくる玉に交じれる磯貝の片恋ひのみに年は経につつ

かな読み

みづくくる|たまにまじれる|いそかひの|かたこひのみに|としはへにつつ

カタカナ読み

ミヅククル|タマニマジレル|イソカヒノ|カタコヒノミニ|トシハヘニツツ

ローマ字読み|大文字

MIZUKUKURU|TAMANIMAJIRERU|ISOKAHINO|KATAKOHINOMINI|TOSHIHAHENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

mizukukuru|tamanimajireru|isokahino|katakohinomini|toshihahenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情

校異

羊->年【嘉】【類】【古】【紀】

寛永版本

みづくくる,[寛]みなそこの,
たまにまじれる,[寛]たまにましれる,
いそかひの[寛],
かたこひのみに[寛],
としはへにつつ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました