万葉集2790番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2790番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2790番について

歌番号

2790番

原文

玉緒之|久栗縁乍|末終|去者不別|同緒将有

訓読

玉の緒のくくり寄せつつ末つひに行きは別れず同じ緒にあらむ

かな読み

たまのをの|くくりよせつつ|すゑつひに|ゆきはわかれず|おなじをにあらむ

カタカナ読み

タマノヲノ|ククリヨセツツ|スヱツヒニ|ユキハワカレズ|オナジヲニアラム

ローマ字読み|大文字

TAMANONO|KUKURIYOSETSUTSU|SUETSUHINI|YUKIHAWAKAREZU|ONAJIONIARAMU

ローマ字読み|小文字

tamanono|kukuriyosetsutsu|suetsuhini|yukihawakarezu|onajioniaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまのをの[寛],
くくりよせつつ[寛],
すゑつひに,[寛]すゑつゐに,
ゆきはわかれず,[寛]ゆきはわかれて,
おなじをにあらむ,[寛]おなしをにあらむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました