万葉集2826番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2826番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2826番について

歌番号

2826番

原文

如是為乍|有名草目手|玉緒之|絶而別者|為便可無

訓読

かくしつつあり慰めて玉の緒の絶えて別ればすべなかるべし

かな読み

かくしつつ|ありなぐさめて|たまのをの|たえてわかれば|すべなかるべし

カタカナ読み

カクシツツ|アリナグサメテ|タマノヲノ|タエテワカレバ|スベナカルベシ

ローマ字読み|大文字

KAKUSHITSUTSU|ARINAGUSAMETE|TAMANONO|TAETEWAKAREBA|SUBENAKARUBESHI

ローマ字読み|小文字

kakushitsutsu|arinagusamete|tamanono|taetewakareba|subenakarubeshi

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

かくしつつ[寛],
ありなぐさめて,[寛]ありなくさめて,
たまのをの[寛],
たえてわかれば,[寛]たえてわかれは,
すべなかるべし,[寛]すへなかるへく,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました