万葉集2607番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2607番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2607番について

歌番号

2607番

原文

敷細之|衣手可礼天|吾乎待登|在<濫>子等者|面影尓見

訓読

敷栲の衣手離れて我を待つとあるらむ子らは面影に見ゆ

かな読み

しきたへの|ころもでかれて|わをまつと|あるらむこらは|おもかげにみゆ

カタカナ読み

シキタヘノ|コロモデカレテ|ワヲマツト|アルラムコラハ|オモカゲニミユ

ローマ字読み|大文字

SHIKITAHENO|KOROMODEKARETE|WAOMATSUTO|ARURAMUKORAHA|OMOKAGENIMIYU

ローマ字読み|小文字

shikitaheno|koromodekarete|waomatsuto|aruramukoraha|omokagenimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

監->濫【西(右貼紙)】【嘉】【古】【紀】

寛永版本

しきたへの[寛],
ころもでかれて,[寛]ころもてかれて,
わをまつと,[寛]われをまつと,
あるらむこらは,[寛]ありけむこらは,
おもかげにみゆ,[寛]おもかけにみゆ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました