万葉集2763番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2763番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2763番について

歌番号

2763番

原文

紅之|淺葉乃野良尓|苅草乃|束之間毛|吾忘渚菜

訓読

紅の浅葉の野らに刈る草の束の間も我を忘らすな

かな読み

くれなゐの|あさはののらに|かるかやの|つかのあひだも|あをわすらすな

カタカナ読み

クレナヰノ|アサハノノラニ|カルカヤノ|ツカノアヒダモ|アヲワスラスナ

ローマ字読み|大文字

KURENAINO|ASAHANONORANI|KARUKAYANO|TSUKANOAHIDAMO|AOWASURASUNA

ローマ字読み|小文字

kurenaino|asahanonorani|karukayano|tsukanoahidamo|aowasurasuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|地名|女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

くれなゐの[寛],
あさはののらに[寛],
かるかやの[寛],
つかのあひだも,[寛]つかのあひたも,
あをわすらすな,[寛]われわすれなな,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました