万葉集2555番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2555番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2555番について

歌番号

2555番

原文

旦<戸>乎|速莫開|味澤相|目之乏流君|今夜来座有

訓読

朝戸を早くな開けそあぢさはふ目が欲る君が今夜来ませる

かな読み

あさとを|はやくなあけそ|あぢさはふ|めがほるきみが|こよひきませる

カタカナ読み

アサトヲ|ハヤクナアケソ|アヂサハフ|メガホルキミガ|コヨヒキマセル

ローマ字読み|大文字

ASATO|HAYAKUNAAKESO|AJISAHAFU|MEGAHORUKIMIGA|KOYOHIKIMASERU

ローマ字読み|小文字

asato|hayakunaakeso|ajisahafu|megahorukimiga|koyohikimaseru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情

校異

戸遣->戸【嘉】

寛永版本

あさとを,[寛]あさとやりを,
はやくなあけそ[寛],
あぢさはふ,[寛]あちさはふ,
めがほるきみが,[寛]めのほるきみか,
こよひきませる[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました