万葉集2738番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2738番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2738番について

歌番号

2738番

原文

大船乃|絶多經海尓|重石下|何如為鴨|吾戀将止

訓読

大船のたゆたふ海にいかり下ろしいかにせばかも我が恋やまむ

かな読み

おほぶねの|たゆたふうみに|いかりおろし|いかにせばかも|あがこひやまむ

カタカナ読み

オホブネノ|タユタフウミニ|イカリオロシ|イカニセバカモ|アガコヒヤマム

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENO|TAYUTAFUMINI|IKARIOROSHI|IKANISEBAKAMO|AGAKOHIYAMAMU

ローマ字読み|小文字

ohobuneno|tayutafumini|ikarioroshi|ikanisebakamo|agakohiyamamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねの,[寛]おほふねの,
たゆたふうみに[寛],
いかりおろし[寛],
いかにせばかも,[寛]いかにしてかも,
あがこひやまむ,[寛]わかこひやまむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました