万葉集2797番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2797番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2797番について

歌番号

2797番

原文

住吉之|濱尓縁云|打背貝|實無言以|余将戀八方

訓読

住吉の浜に寄るといふうつせ貝実なき言もち我れ恋ひめやも

かな読み

すみのえの|はまによるといふ|うつせがひ|みなきこともち|あれこひめやも

カタカナ読み

スミノエノ|ハマニヨルトイフ|ウツセガヒ|ミナキコトモチ|アレコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|HAMANIYORUTOIFU|UTSUSEGAHI|MINAKIKOTOMOCHI|AREKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|hamaniyorutoifu|utsusegahi|minakikotomochi|arekohimeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪府|住吉|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
はまによるといふ,[寛]はまによるてふ,
うつせがひ,[寛]うつせかひ,
みなきこともち,[寛]みなきこともて,
あれこひめやも,[寛]われこひめやも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました