万葉集2767番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2767番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2767番について

歌番号

2767番

原文

足引乃|山橘之|色出而|吾戀南雄|<人>目難為名

訓読

あしひきの山橘の色に出でて我は恋なむを人目難みすな

かな読み

あしひきの|やまたちばなの|いろにいでて|あはこひなむを|ひとめかたみすな

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマタチバナノ|イロニイデテ|アハコヒナムヲ|ヒトメカタミスナ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMATACHIBANANO|IRONIIDETE|AHAKOHINAMUO|HITOMEKATAMISUNA

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamatachibanano|ironiidete|ahakohinamuo|hitomekatamisuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|植物|序詞|尫柜蹋|恋情

校異

八->人【万葉考】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまたちばなの,[寛]やまたちはなの,
いろにいでて,[寛]いろにいてて,
あはこひなむを,[寛]わかこひなむを,
ひとめかたみすな,[寛]やめかたくすな,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました