万葉集2759番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2759番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2759番について

歌番号

2759番

原文

吾屋戸之|穂蓼古幹|採生之|實成左右二|君乎志将待

訓読

我が宿の穂蓼古幹摘み生し実になるまでに君をし待たむ

かな読み

わがやどの|ほたでふるから|つみおほし|みになるまでに|きみをしまたむ

カタカナ読み

ワガヤドノ|ホタデフルカラ|ツミオホシ|ミニナルマデニ|キミヲシマタム

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|HOTADEFURUKARA|TSUMIOHOSHI|MININARUMADENI|KIMIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

wagayadono|hotadefurukara|tsumiohoshi|mininarumadeni|kimioshimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|比喩|女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
ほたでふるから,[寛]ほたてふるから,
つみおほし,[寛]つみはやし,
みになるまでに,[寛]みになるまてに,
きみをしまたむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました