万葉集2396番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2396番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2396番について

歌番号

2396番

原文

玉坂|吾見人|何有|依以|亦一目見

訓読

たまさかに我が見し人をいかならむよしをもちてかまた一目見む

かな読み

たまさかに|わがみしひとを|いかならむ|よしをもちてか|またひとめみむ

カタカナ読み

タマサカニ|ワガミシヒトヲ|イカナラム|ヨシヲモチテカ|マタヒトメミム

ローマ字読み|大文字

TAMASAKANI|WAGAMISHIHITO|IKANARAMU|YOSHIOMOCHITEKA|MATAHITOMEMIMU

ローマ字読み|小文字

tamasakani|wagamishihito|ikanaramu|yoshiomochiteka|matahitomemimu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまさかに[寛],
わがみしひとを,[寛]わかみしひとは,
いかならむ[寛],
よしをもちてか,[寛]よしをもちてや,
またひとめみむ,[寛]またひとめみむ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました