万葉集2365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2365番について

歌番号

2365番

原文

内日左須|宮道尓相之|人妻<姤>|玉緒之|念乱而|宿夜四曽多寸

訓読

うちひさす宮道に逢ひし人妻ゆゑに玉の緒の思ひ乱れて寝る夜しぞ多き

かな読み

うちひさす|みやぢにあひし|ひとづまゆゑに|たまのをの|おもひみだれて|ぬるよしぞおほき

カタカナ読み

ウチヒサス|ミヤヂニアヒシ|ヒトヅマユヱニ|タマノヲノ|オモヒミダレテ|ヌルヨシゾオホキ

ローマ字読み|大文字

UCHIHISASU|MIYAJINIAHISHI|HITOZUMAYUENI|TAMANONO|OMOHIMIDARETE|NURUYOSHIZOHOKI

ローマ字読み|小文字

uchihisasu|miyajiniahishi|hitozumayueni|tamanono|omohimidarete|nuruyoshizohoki

左注|左註

右五首古歌集中出

事項|分類・ジャンル

古歌集|旋頭歌|恋情|枕詞

校異

垢->姤【嘉】【文】【細】

寛永版本

うちひさす[寛],
みやぢにあひし,[寛]みやちにあへりし,
ひとづまゆゑに,[寛]ひとつまゆゑに,
たまのをの[寛],
おもひみだれて,[寛]おもひみたれて,
ぬるよしぞおほき,[寛]ぬるよしそおほき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました