万葉集2476番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2476番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2476番について

歌番号

2476番

原文

打田|稗數多|雖有|擇為我|夜一人宿

訓読

打つ田には稗はしあまたありといへど選えし我れぞ夜をひとり寝る

かな読み

うつたには|ひえはしあまた|ありといへど|えらえしわれぞ|よをひとりぬる

カタカナ読み

ウツタニハ|ヒエハシアマタ|アリトイヘド|エラエシワレゾ|ヨヲヒトリヌル

ローマ字読み|大文字

UTSUTANIHA|HIEHASHIAMATA|ARITOIHEDO|ERAESHIWAREZO|YOHITORINURU

ローマ字読み|小文字

utsutaniha|hiehashiamata|aritoihedo|eraeshiwarezo|yohitorinuru

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うつたには,[寛]うつたにも,
ひえはしあまた,[寛]ひえはかすあまた,
ありといへど,[寛]ありといへと,
えらえしわれぞ,[寛]えられしわれを,
よをひとりぬる,[寛]よるひとりぬる,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました