万葉集2698番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2698番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2698番について

歌番号

2698番

原文

徃而見而|来戀敷|朝香方|山越置代|宿不勝鴨

訓読

行きて見て来れば恋ほしき朝香潟山越しに置きて寐ねかてぬかも

かな読み

ゆきてみて|くればこほしき|あさかがた|やまごしにおきて|いねかてぬかも

カタカナ読み

ユキテミテ|クレバコホシキ|アサカガタ|ヤマゴシニオキテ|イネカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

YUKITEMITE|KUREBAKOHOSHIKI|ASAKAGATA|YAMAGOSHINIOKITE|INEKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

yukitemite|kurebakohoshiki|asakagata|yamagoshiniokite|inekatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪府|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ゆきてみて[寛],
くればこほしき,[寛]きてそこひしき,
あさかがた,[寛]あさかかた,
やまごしにおきて,[寛]やまこしにききて,
いねかてぬかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました