万葉集2470番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2470番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2470番について

歌番号

2470番

原文

<湖>|核延子菅|不竊隠|公戀乍|有不勝鴨

訓読

港にさ根延ふ小菅ぬすまはず君に恋ひつつありかてぬかも

かな読み

みなとに|さねばふこすげ|ぬすまはず|きみにこひつつ|ありかてぬかも

カタカナ読み

ミナトニ|サネバフコスゲ|ヌスマハズ|キミニコヒツツ|アリカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

MINATONI|SANEBAFUKOSUGE|NUSUMAHAZU|KIMINIKOHITSUTSU|ARIKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

minatoni|sanebafukosuge|nusumahazu|kiminikohitsutsu|arikatenukamo

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|恋情|序詞

校異

潮->湖【類】【古】

寛永版本

みなとに[寛],
さねばふこすげ,[寛]ねはふこすけの,
ぬすまはず,[寛]しのひすてて,
きみにこひつつ[寛],
ありかてぬかも[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました