万葉集2737番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2737番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2737番について

歌番号

2737番

原文

大伴之|三津乃白浪|間無|我戀良苦乎|人之不知久

訓読

大伴の御津の白波間なく我が恋ふらくを人の知らなく

かな読み

おほともの|みつのしらなみ|あひだなく|あがこふらくを|ひとのしらなく

カタカナ読み

オホトモノ|ミツノシラナミ|アヒダナク|アガコフラクヲ|ヒトノシラナク

ローマ字読み|大文字

OHOTOMONO|MITSUNOSHIRANAMI|AHIDANAKU|AGAKOFURAKUO|HITONOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

ohotomono|mitsunoshiranami|ahidanaku|agakofurakuo|hitonoshiranaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪府|序詞|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

おほともの[寛],
みつのしらなみ[寛],
あひだなく,[寛]あひたなく,
あがこふらくを,[寛]わかこふらくを,
ひとのしらなく[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました