万葉集2800番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2800番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集2800番について

歌番号

2800番

原文

旭時等|鶏鳴成|縦恵也思|獨宿夜者|開者雖明

訓読

暁と鶏は鳴くなりよしゑやしひとり寝る夜は明けば明けぬとも

かな読み

あかときと|かけはなくなり|よしゑやし|ひとりぬるよは|あけばあけぬとも

カタカナ読み

アカトキト|カケハナクナリ|ヨシヱヤシ|ヒトリヌルヨハ|アケバアケヌトモ

ローマ字読み|大文字

AKATOKITO|KAKEHANAKUNARI|YOSHIEYASHI|HITORINURUYOHA|AKEBAAKENUTOMO

ローマ字読み|小文字

akatokito|kakehanakunari|yoshieyashi|hitorinuruyoha|akebaakenutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|女歌|自嘲|恋愛|鳥

校異

特に無し

寛永版本

あかときと,[寛]あかつきと,
かけはなくなり,[寛]とりはなくなり,
よしゑやし,[寛]よしえやし,
ひとりぬるよは[寛],
あけばあけぬとも,[寛]あけはあくとも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました