万葉集2709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2709番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2709番について

歌番号

2709番

原文

吾妹子|吾戀樂者|水有者|之賀良三<超>而|應逝衣思|[或本歌發句云|相不思|人乎念久]

訓読

我妹子に我が恋ふらくは水ならばしがらみ越して行くべく思ほゆ|[或本歌發句云|相思はぬ人を思はく]

かな読み

わぎもこに|あがこふらくは|みづならば|しがらみこして|ゆくべくおもほゆ|[あひおもはぬ|ひとをおもはく]

カタカナ読み

ワギモコニ|アガコフラクハ|ミヅナラバ|シガラミコシテ|ユクベクオモホユ|[アヒオモハヌ|ヒトヲオモハク]

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|AGAKOFURAKUHA|MIZUNARABA|SHIGARAMIKOSHITE|YUKUBEKUOMOHOYU|[AHIOMOHANU|HITOOMOHAKU]

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|agakofurakuha|mizunaraba|shigaramikoshite|yukubekuomohoyu|[ahiomohanu|hitoomohaku]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|異伝

校異

越->超【嘉】【文】【類】【紀】|衣(塙)(楓)所

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,
みづならば,[寛]みつならは,
しがらみこして,[寛]しからみこゑて,
ゆくべくおもほゆ,[寛]ゆくへくそおもふ,
[あひおもはぬ,[寛]あひおもはす,
ひとをおもはく][寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました