万葉集2391番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2391番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2391番について

歌番号

2391番

原文

玉響|昨夕|見物|今朝|可戀物

訓読

玉かぎる昨日の夕見しものを今日の朝に恋ふべきものか

かな読み

たまかぎる|きのふのゆふへ|みしものを|けふのあしたに|こふべきものか

カタカナ読み

タマカギル|キノフノユフヘ|ミシモノヲ|ケフノアシタニ|コフベキモノカ

ローマ字読み|大文字

TAMAKAGIRU|KINOFUNOYUFUHE|MISHIMONO|KEFUNOASHITANI|KOFUBEKIMONOKA

ローマ字読み|小文字

tamakagiru|kinofunoyufuhe|mishimono|kefunoashitani|kofubekimonoka

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまかぎる,[寛]たまゆらに,
きのふのゆふへ[寛],
みしものを[寛],
けふのあしたに,[寛]けふのあしたは,
こふべきものか,[寛]こふへきものか,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました