万葉集2691番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2691番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2691番について

歌番号

2691番

原文

云<々>|物者不念|朝露之|吾身一者|君之随意

訓読

かにかくに物は思はじ朝露の我が身ひとつは君がまにまに

かな読み

かにかくに|ものはおもはじ|あさつゆの|あがみひとつは|きみがまにまに

カタカナ読み

カニカクニ|モノハオモハジ|アサツユノ|アガミヒトツハ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

KANIKAKUNI|MONOHAOMOHAJI|ASATSUYUNO|AGAMIHITOTSUHA|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

kanikakuni|monohaomohaji|asatsuyuno|agamihitotsuha|kimigamanimani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|恋情

校異

云->々【嘉】【類】【文】【細】

寛永版本

かにかくに[寛],
ものはおもはじ,[寛]ものはおもはす,
あさつゆの[寛],
あがみひとつは,[寛]わかみひとつは,
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました