万葉集2672番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2672番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2672番について

歌番号

2672番

原文

此山之|嶺尓近跡|吾見鶴|月之空有|戀毛為鴨

訓読

この山の嶺に近しと我が見つる月の空なる恋もするかも

かな読み

このやまの|みねにちかしと|わがみつる|つきのそらなる|こひもするかも

カタカナ読み

コノヤマノ|ミネニチカシト|ワガミツル|ツキノソラナル|コヒモスルカモ

ローマ字読み|大文字

KONOYAMANO|MINENICHIKASHITO|WAGAMITSURU|TSUKINOSORANARU|KOHIMOSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

konoyamano|minenichikashito|wagamitsuru|tsukinosoranaru|kohimosurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

このやまの[寛],
みねにちかしと[寛],
わがみつる,[寛]わかみつる,
つきのそらなる[寛],
こひもするかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました