万葉集2559番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2559番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2559番について

歌番号

2559番

原文

昨日見而|今日社間|吾妹兒之|幾<許>継手|見巻欲毛

訓読

昨日見て今日こそ隔て我妹子がここだく継ぎて見まくし欲しも

かな読み

きのふみて|けふこそへだて|わぎもこが|ここだくつぎて|みまくしほしも

カタカナ読み

キノフミテ|ケフコソヘダテ|ワギモコガ|ココダクツギテ|ミマクシホシモ

ローマ字読み|大文字

KINOFUMITE|KEFUKOSOHEDATE|WAGIMOKOGA|KOKODAKUTSUGITE|MIMAKUSHIHOSHIMO

ローマ字読み|小文字

kinofumite|kefukosohedate|wagimokoga|kokodakutsugite|mimakushihoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

->許【西(右書)】【嘉】【文】【紀】

寛永版本

きのふみて[寛],
けふこそへだて,[寛]けふこそあひた,
わぎもこが,[寛]わきもこか,
ここだくつぎて,[寛]ここたくつきて,
みまくしほしも,[寛]みまくほしかも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました