万葉集2646番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2646番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2646番について

歌番号

2646番

原文

住吉乃|津守網引之|浮笶緒乃|得干蚊将去|戀管不有者

訓読

住吉の津守網引のうけの緒の浮かれか行かむ恋ひつつあらずは

かな読み

すみのえの|つもりあびきの|うけのをの|うかれかゆかむ|こひつつあらずは

カタカナ読み

スミノエノ|ツモリアビキノ|ウケノヲノ|ウカレカユカム|コヒツツアラズハ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|TSUMORIABIKINO|UKENONO|UKAREKAYUKAMU|KOHITSUTSUARAZUHA

ローマ字読み|小文字

suminoeno|tsumoriabikino|ukenono|ukarekayukamu|kohitsutsuarazuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪府|序詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
つもりあびきの,[寛]つもりあひきの,
うけのをの[寛],
うかれかゆかむ,[寛]うかひかゆかむ,
こひつつあらずは,[寛]こひつつあらすは,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました