万葉集2660番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2660番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2660番について

歌番号

2660番

原文

夜並而|君乎来座跡|千石破|神社乎|不祈日者無

訓読

夜並べて君を来ませとちはやぶる神の社を祷まぬ日はなし

かな読み

よならべて|きみをきませと|ちはやぶる|かみのやしろを|のまぬひはなし

カタカナ読み

ヨナラベテ|キミヲキマセト|チハヤブル|カミノヤシロヲ|ノマヌヒハナシ

ローマ字読み|大文字

YONARABETE|KIMIOKIMASETO|CHIHAYABURU|KAMINOYASHIRO|NOMANUHIHANASHI

ローマ字読み|小文字

yonarabete|kimiokimaseto|chihayaburu|kaminoyashiro|nomanuhihanashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

よならべて,[寛]よならへて,
きみをきませと[寛],
ちはやぶる,[寛]ちはやふる,
かみのやしろを[寛],
のまぬひはなし,[寛]ねかぬひはなし,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました