万葉集2510番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2510番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2510番について

歌番号

2510番

原文

赤駒之|足我枳速者|雲居尓毛|隠徃序|袖巻吾妹

訓読

赤駒が足掻速けば雲居にも隠り行かむぞ袖まけ我妹

かな読み

あかごまが|あがきはやけば|くもゐにも|かくりゆかむぞ|そでまけわぎも

カタカナ読み

アカゴマガ|アガキハヤケバ|クモヰニモ|カクリユカムゾ|ソデマケワギモ

ローマ字読み|大文字

AKAGOMAGA|AGAKIHAYAKEBA|KUMOINIMO|KAKURIYUKAMUZO|SODEMAKEWAGIMO

ローマ字読み|小文字

akagomaga|agakihayakeba|kumoinimo|kakuriyukamuzo|sodemakewagimo

左注|左註

右三首|以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|通媿

校異

特に無し

寛永版本

あかごまが,[寛]あかこまの,
あがきはやけば,[寛]あかきはやくは,
くもゐにも[寛],
かくりゆかむぞ,[寛]かくれゆかむそ,
そでまけわぎも,[寛]そてまくわきも,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました