万葉集2682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2682番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2682番について

歌番号

2682番

原文

辛衣|君尓内<著>|欲見|戀其晩師之|雨零日乎

訓読

韓衣君にうち着せ見まく欲り恋ひぞ暮らしし雨の降る日を

かな読み

からころも|きみにうちきせ|みまくほり|こひぞくらしし|あめのふるひを

カタカナ読み

カラコロモ|キミニウチキセ|ミマクホリ|コヒゾクラシシ|アメノフルヒヲ

ローマ字読み|大文字

KARAKOROMO|KIMINIUCHIKISE|MIMAKUHORI|KOHIZOKURASHISHI|AMENOFURUHIO

ローマ字読み|小文字

karakoromo|kiminiuchikise|mimakuhori|kohizokurashishi|amenofuruhio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛|女歌

校異

原字不明->著【西(上書訂正)】【嘉】【類】【紀】

寛永版本

からころも[寛],
きみにうちきせ[寛],
みまくほり[寛],
こひぞくらしし,[寛]こひそくらしし,
あめのふるひを[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました