万葉集2671番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2671番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2671番について

歌番号

2671番

原文

今夜之|在開月夜|在乍文|公S置者|待人無

訓読

今夜の有明月夜ありつつも君をおきては待つ人もなし

かな読み

こよひの|ありあけつくよ|ありつつも|きみをおきては|まつひともなし

カタカナ読み

コヨヒノ|アリアケツクヨ|アリツツモ|キミヲオキテハ|マツヒトモナシ

ローマ字読み|大文字

KOYOHINO|ARIAKETSUKUYO|ARITSUTSUMO|KIMIOKITEHA|MATSUHITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

koyohino|ariaketsukuyo|aritsutsumo|kimiokiteha|matsuhitomonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

こよひの,[寛]このよらの,
ありあけつくよ,[寛]ありあけのつきよ,
ありつつも[寛],
きみをおきては[寛],
まつひともなし[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました