万葉集2517番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2517番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2517番について

歌番号

2517番

原文

足千根乃|母尓障良婆|無用|伊麻思毛吾毛|事應成

訓読

たらちねの母に障らばいたづらに汝も我れも事なるべしや

かな読み

たらちねの|ははにさはらば|いたづらに|いましもあれも|ことなるべしや

カタカナ読み

タラチネノ|ハハニサハラバ|イタヅラニ|イマシモアレモ|コトナルベシヤ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHANISAHARABA|ITAZURANI|IMASHIMOAREMO|KOTONARUBESHIYA

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahanisaharaba|itazurani|imashimoaremo|kotonarubeshiya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|障害|母親

校異

特に無し

寛永版本

たらちねの[寛],
ははにさはらば,[寛]ははにさはらは,
いたづらに,[寛]いたつらに,
いましもあれも,[寛]いましもわれも,
ことなるべしや,[寛]ことやなるへき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました