万葉集2519番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2519番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2519番について

歌番号

2519番

原文

奥山之|真木乃板戸乎|押開|思恵也出来根|後者何将為

訓読

奥山の真木の板戸を押し開きしゑや出で来ね後は何せむ

かな読み

おくやまの|まきのいたとを|おしひらき|しゑやいでこね|のちはなにせむ

カタカナ読み

オクヤマノ|マキノイタトヲ|オシヒラキ|シヱヤイデコネ|ノチハナニセム

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|MAKINOITATO|OSHIHIRAKI|SHIEYAIDEKONE|NOCHIHANANISEMU

ローマ字読み|小文字

okuyamano|makinoitato|oshihiraki|shieyaidekone|nochihananisemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

おくやまの[寛],
まきのいたとを[寛],
おしひらき[寛],
しゑやいでこね,[寛]しゑやいてこね,
のちはなにせむ,[寛]のちはいかかせむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました