万葉集2799番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2799番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2799番について

歌番号

2799番

原文

人事乎|繁跡君乎|鶉鳴|人之古家尓|相<語>而遣都

訓読

人言を繁みと君を鶉鳴く人の古家に語らひて遣りつ

かな読み

ひとごとを|しげみときみを|うづらなく|ひとのふるへに|かたらひてやりつ

カタカナ読み

ヒトゴトヲ|シゲミトキミヲ|ウヅラナク|ヒトノフルヘニ|カタラヒテヤリツ

ローマ字読み|大文字

HITOGOTO|SHIGEMITOKIMIO|UZURANAKU|HITONOFURUHENI|KATARAHITEYARITSU

ローマ字読み|小文字

hitogoto|shigemitokimio|uzuranaku|hitonofuruheni|katarahiteyaritsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|尫柜蹋|恋情|女歌|枕詞|鳥

校異

誥->語【嘉】【類】【紀】

寛永版本

ひとごとを,[寛]ひとことを,
しげみときみを,[寛]しけしときみを,
うづらなく,[寛]うつらなく,
ひとのふるへに,[寛]ひとのいにしへに,
かたらひてやりつ,[寛]あひいひてやりつ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました